キューズモールのCSR活動

2018/02/16 UP

キューズモールスマイルプロジェクト第10弾
  • あべの
  • 尼崎
  • 箕面
  • 森ノ宮

みんなのポイントで地元の新一年生に防犯ブザーを贈ろう!

2018年3月1日~2019年2月28日
警察庁によると、2016年の刑法犯の認知件数は996,120件※1で
うち13歳未満の子どもが被害者となった件数は17,252件※2です。
子どもの被害の多くは下校時間帯の15時から17時に発生しているため、
地域での見守りや、被害に遭いそうになったときに
どのような対処をするかを、事前に子どもに伝えることが重要です。


そこでキューズモールでは、
子どもの防犯の意識向上を目指したイベントや、
親子で参加できる防犯ワークショップを開催します。
また“地域に役立てる”ポイントの寄付をカード会員の皆さまから募り、
児童のランドセル等に着けていただける
『キューズモールオリジナル防犯ブザー』
を製作し、施設周辺の小学校の新一年生に寄贈します。
この防犯ブザーは、2014年から2015年にかけて実施した
スマイルプロジェクト第4弾でも同様に新一年生向けに寄贈し、
好評をいただきました。
このプロジェクトの推進により、
地域の皆さまが子どもたちの安全について考え、
行動できるきっかけになればと考えています。


※1…2017年 警察白書 ※2…警察庁統計資料

2017/12/26 UP

あまがさきスマイルプロジェクト第5弾
  • 尼崎

『僕達・私達のまちのよりよい未来』プロジェクト

2017年12月26日~2018年3月31日
今回のテーマは「僕の・私のまちに、あったらいいな、こんなモノ。」です。地元の公立中学校3校にご協力いただき、中学2年生の冬休みの課題として、「まちのよりよい未来のために、こんなモノがあったらいいな。」というアイディアを考えていただきます。各校から1案を優秀賞として選考し、さらにその3案の中から最優秀賞を選考します。最優秀賞に選ばれたアイディアは、あまがさきキューズモール内で実現可能な形でお披露目を行います。
地域の子供達が、まちのよりよい未来のために子供目線でまちを考え、提案し、実現に向けて動く場をこのプロジェクトを通して提供することで、子供達がさらに地元に愛着を持つきっかけを作りたいと考えています。

◇参加対象
尼崎市立小田中学校(約180人)、尼崎市立小田北中学校(約140人)、
尼崎市立大成中学校(約200人)

2017/03/01 UP

キューズモールスマイルプロジェクト第9弾
  • あべの
  • 尼崎
  • 箕面
  • 森ノ宮

みんなのポイントで、地元の児童に交通安全用「反射板」を贈ろう!

2017年3月1日~2018年2月28日
2016年の全国の交通事故発生件数は、49万9,232件(前年比-7.0%)と12年連続で減少を続けており、死者数も3,904人(前年比-5.2%)と共に減少傾向にあります※1。
キューズモールの地元である大阪府、兵庫県も交通事故件数は減少傾向にあるものの、子どもの登下校中の交通事故がいまだに後を絶たず、子どもを交通事故から守る対策が一層求められています※2。このような子どもの交通事故は、地域の皆さまの交通安全への意識向上により未然に防止できることもあります。
そこで、キューズモールでは、交通安全の意識向上を目指したイベントや、親子で参加できるワークショップを開催するとともに、“地域に役立てる”ポイントの寄付をカード会員の皆さまから募り、児童のランドセル等に着けていただけるキューズモールオリジナル反射板を作成し、施設周辺の小学校の児童に寄贈します。
このプロジェクトによって、地域の皆さまが子どもたちの交通安全について考え、行動できるきっかけになればと考えています。

         ※1…公益財団法人交通事故総合分析センター  ※2…内閣府2016年交通安全白書

ページのトップへ戻る